Vol.94 ひょっこりと春が顔出すコンサート

★Duoセルリアンは、第1回オカリナコンクールにて合奏部門第1位、同コンクール総合グランプリを獲得した実力派
アンサンブルです。
前回はDuo「たんと」で森下知子さんと大島忠則さんご夫妻の出演でした。
そこに千井慶子さんに加わってもらって、艶やかなセルリアンブルーの音楽を届けていただきます。
オカリナとサックス、さらに豊かになった音色を楽しみながらご一緒に春の訪れを待ちたいと思います。 

2018年3月18日(日)

★昼の部13:00開演(12:30開場)

   夕の部16:30開演(16:00開場) 

★ 参加費 2500円

出演

 ・デュオ・セルリアン(森下知子、千井慶子)サックス&オカリナ

・大島忠則 ピアノ・編曲

 

 

 


プログラム
・大島忠則/こきりこ幻想
・宗次郎/春の土
・ロブレス/コンドルは飛んで行く
・モリコーネ/ニューシネマ・パラダイス
・大島忠則・編集/懐メド百花繚乱(百万本のバラ、すみれの花咲く頃、バラが咲いた、サボテンの花、赤い花白い花 ほか)

デュオ・セルリアン
ともにサクソフォン奏者として活動の中、オカリナの音色に魅せられ デュオを2013年に結成。
晴れ渡る空の色 セルリアン・ブルーのイメージ、そして、フランス語で「絆(きずな)」を意味する「LIEN(リアン)」から。
数種のサクソフォンとオカリナを用いあらゆるジャンルの音楽を聴かせるコンサートを展開。
ホームページhttp://duocerulien.wixsite.com/saxocarina

森下知子(もりした ともこ)
大阪音楽大学器楽学科(サクソフォン専攻)卒業。サクソフォンを前田昌宏氏に師事。
大学在学中、和歌山音楽コンクールにて1位を受賞。
2001年オカリナに出会い、以降数種のオカリナ・サクソフォンを用いたソロ演奏活動を行っている。
2005年より「阪神大震災復興祈念コンサート(西宮アミティホール)」にて20回にわたり単独公演を行い、毎度1000人越えの動員となり多くの観客から好評を得る。
(現在「ふれあいコンサートinアミティ」として継続中)

千井 慶子(ちい けいこ)
大阪音楽大学器楽学科(サクソフォン専攻)卒業。クラシックサクソフォンを森下知子、井上麻子、飯守伸二の各氏に、ジャズサクソフォンを小林充氏に師事。オカリナを森下知子、大沢聡の両氏に、
ソルフェージュを大島忠則氏に師事。
2012年3月、地元である大和高田さざんかホール主催 さざんかタウンミュージック音の扉part13にて自身初のソロリサイタルを開催。同年より本格的にオカリナ演奏を始める。
現在音楽教室での指導の傍ら、ソロ、アンサンブルなどの、レストランライブやコンサートを数多くこなし、積極的に演奏活動に取り組んでいる。

大島忠則(おおしま ただのり) ピアノ・編曲
大阪音楽大学作曲学科作曲専攻卒業。作曲を故・前田行央氏、田中邦彦氏に師事。
サクソフォン四重奏などの室内楽の作・編曲を数多く手がける。中でもサクソフォン四重奏編曲作品は、今までに全国の600を超えるプロ・アマの団体によって広く演奏されている。
9年間大阪音楽大学付属音楽学園、同大学付属音楽院の非常勤講師を勤め、現在はフリーランス作曲・編曲家、ピアノ・ソルフェージュ講師として活動。