これからのイベント


Vol.98 「彼岸入り 寒さもここまで さあ笑お                                                                     桜の庄兵衛で九雀亭 vol.3」

 

 

 

2019年3月17日(日)

昼の部13:00開演(12:30開場)

夕の部16:30開演(16:00開場) 

 

★出演

  桂 九雀
 前座
  桂 九ノ一
 お囃子
  高橋 まき

 

 



■プロフィール■

 

桂 九雀
1979年(昭和54年)3月1日 桂 枝雀に入門。
マイクロフォンを使う必要のない会場で、生の声、生の三味線、生の鳴物による 落語会の開催に力を入れている。
1984年 放送作家・東野 博昭が旗揚げしたカラードシアター・ヘテカラで演劇の初舞台。以降、ヘテカラ全公演に出演。
また、劇団リリパットアーミー、劇団MOTHERなど関西小劇場等へ多数客演の経験がある。
2005年7月に落語的手法による芝居「噺劇(はなしげき)」をスタートさせ、継続的に公演を行っている。
上方落語独特の演出「ハメモノ」を、和楽器以外(ハーモニカ、バイオリン、リュート、中国琵琶、マンドリン)で演奏する新作落語(作・小佐田定雄)も多数ある。
また上方落語の長編「地獄八景」は、必ず、マリンバ(演奏・後藤ゆり子)入りで、上演する。
オーケストラやフルートアンサンブルと共演した「ピーターと狼」、吹奏楽伴奏で上演したオペレッタ「メリーウィドー」は、どちらも落語形式で演じられた。
2013年、吹奏楽団・セントシンディアンサンブルと創作した吹奏楽落語「新出意本忠臣蔵(しんでいほんちゅうしんぐら)」(作・小佐田定雄)は、
各地で再演を重ねる、代表演目となった。
奈良県王寺町での「子ども落語教室」、NHK文化センター「落語講座」をきっかけに、アマチュアへの指導を始め、常時30人~40人の生徒がいる。

 趣 味
 将棋(アマチュア三段)・詰将棋創作・クラリネット・ギター