これからのイベント


Vol.100 「若葉映える 母の日の コンサート」

 

 

 

2019年5月12日(日)

昼の部13:00開演(12:30開場)

夕の部16:30開演(16:00開場) 

 

★出演

ヴァイオリン 岩谷 祐之 

チェロ   北口 大輔

ピアノ   鈴木 華重子

 

★プログラム

メンデルスゾーン      ピアノ三重奏曲第1番ニ短調 Op. 49
ヘンデル=ハルヴォルセン   パッサカリア (Vn  Vc)

 ブラームス         ピアノ三重奏曲第1番 ロ長調 Op. 8」

 

 



■プロフィール■

 

岩谷祐之

 4歳からヴァイオリンを始める。
> 東京音楽大学附属高校にて久保陽子氏に師事。
1999年、第68回日本音楽コンクールヴァイオリン部門第1位
併せて松下賞、鷲見賞、レウカディア賞を受賞。2003年~2004年、フランス国立放送響にて2ndヴァイオリン首席奏者を務める。
2005年~2008年、兵庫芸術文化センター管弦楽団にてフォアシュピーラーを務める。
2008年より現在に至るまで、関西フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターとして活動している。
2010年、TOKI弦楽四重奏団の1stヴァイオリン奏者に就任。
2013年3月には大阪、名古屋、東京の三都市でリサイタルを開催、各地で絶賛される。
2012年より毎日新聞主催日本学生音楽コンクール大阪大会の審査員を務める。
 これまでに、東儀祐二、五十嵐由紀子、久保陽子、エドワード・シュミーダー、ボリス・ギャリツキー、イヴリー・ギトリスの各氏に師事。
平成21年度兵庫県芸術奨励賞、平成24年度咲くやこの花賞を受賞。

北口大輔

東京藝術大学音楽学部、同大学院修士課程修了。
ソリストとしてのオーケストラとの協演や幅広いレパートリーでのリサイタルも数多く、
その演奏はいずれも高い評価を得ている。「全く危なげないソリストぶり、余裕の力演」「新鮮にして風格のある演奏」(音楽の友誌)、
「実力派、頼もしい存在感を披露」(モーストリー・クラシック誌)、「彼が入る事によりチェロセクションの音が格段に引き締まる」(朝日新聞)等、
音楽専門誌からもその力量を賞賛されている。
東京都交響楽団チェロ奏者、九州交響楽団首席チェロ奏者、同楽団首席客演チェロ奏者を歴任し、
現在、日本センチュリー交響楽団首席チェロ奏者。大阪音楽大学特任准教授。
公式ホームページ
http://daisukekitaguchi.com/

鈴木華重子

兵庫県立西宮高等学校音楽科、京都市立芸術大学卒業、インディアナ大学アーティスト・ディプロマ修了。
さらにヨーロッパでも研鑚を積み、帰国後は演連コンサートを皮切りに国内でソロリサイタルを開催し好評を博す。
室内楽にも意欲的に取り組み、堤剛、トレヴァー・ワイ、エミリー・バイノンなど、世界的音楽家からの厚い信頼を得て共演を重ねている。
活躍は日本国内にとどまらず、台湾、中国、アメリカでの演奏の他、アメリカのASTAコンクール(弦楽器)、神戸国際フルートコンクール、
日本木管コンクールでは公式ピアニストを務め、中国大連市で開かれた「日中国交正常化30周年記念演奏会」に招待されて演奏するなど、
舞台の場を世界に広げている。大阪樟蔭女子大学特別講師、武庫川女子大学、京都市立京都堀川音楽高等学校非常勤講師。