これからのイベント


Vol.97 「十三夜 雲あそび来るコンサート」

 

★ジャンルはジャズ?クラシック?ラテン?世界の様々な民族音楽?

地球上の、楽しいリズム、美しい旋律、まばゆいハーモニーをブレンドし、普段は異なったテリトリーで活動する3人が何故か古代から組んでいたかのような融合感で独特の世界をお届けいたします。

 

 

2018年10月21日(日)

昼の部13:00開演(12:30開場)

夕の部16:30開演(16:00開場) 

 

★出演

★lenscontactrio(レンズコンタクトリオ)=超接触三重奏

 ピアノ 宮川真由美
 タンバリン 田島隆
 アコーディオン 佐藤芳明

 

※フライヤーの印刷が間違っておりました。

 お詫びして訂正いたします

 

★プログラム

太陽がいっぱい

スカボローフェア

スペイン

リベルタンゴ

巴里の空の下

  他ラベル

 

 



■プロフィール■

 

田島隆

 世界各国のタンバリンやフレームドラムを演奏する日本で唯一のタンバリン専門の演奏家。

幼少期より鍵盤楽器をはじめ管・弦・打そのほとんどの楽器を習得し、作曲も行う。独自の奏法や数々のオリジナル楽器を製作するなど、タンバリンやフレームドラムを使い、今までにない方法論で音楽を表現する。

毎年ドイツにて行われるフレームドラムフェスティバル「タンブリ・ムンディ」に招待され、コンサート、レクチャーを行う。

http://tazy,jp

 

■佐藤芳明

 国立音楽大学在学中に独学でアコーディオンを始める。

卒業後渡仏、C.I.M.Ecole de Jazzにてアコーディオニスト・Daniel Miiieに師事。

既存のアコーディオンのイメージにとらわれない独自のサウンドで、ライブ、レコーディング、アーティストサポート、舞台音楽など様々な現場で数多くの仕事をこなし、国内外を問わず、ジャンルを超えて幅広く活動。

http://www.geocities.jp/acc_sssaaatttooo

 

■宮川真由美

 大阪音楽大学 器楽学科ピアノ専攻 3歳のころから、鍵盤楽器に親しむ。

クラシック、ジャズ、ラテン、ロックなど様々なジャンルで作曲、編曲、演奏家として活動中。躍動感ある演奏スタイルは、踊るピアニストと呼ばれる。

http://www1.kcn.ne.jp/~kei-u/mayumi/